結婚相談所を利用する上での注意点~失敗しない選び方~

婚活サービス利用上の注意

本気で結婚を考えた時に、ふと思いつくのが結婚相談所の利用です。しかし、リサーチ不足のまま入会してしまうと、「こんなはずじゃなかった」と後悔することも。そこで、結婚相談所を利用する際に注意すべきポイントをまとめました。

結婚相談所の料金だけで選んではいけない

結婚相談所の利用を考えた時に、まず最初に気になるのが料金ではないでしょうか?結婚相談所では、主に以下のような費用がかかります。

・入会金or登録料
・初期費用
・月会費
・お見合い料
・成婚料

お見合い料や成婚料が発生しない結婚相談所もありますが、これらの総額が数十万円に及ぶ相談所もあります。そこで、少しでも費用を安く済ませようと考える方もいるでしょう。ですが、料金体系が曖昧だったり、安いプランで呼び寄せておきながら、後々高いプランへの移行を促す相談所もあります。

結婚相談所選びは面倒なので、つい上手い話に乗せられて、説明会当日に入会したくなるかもしれません。とはいえ、高い買い物なので、他の相談所の説明会にも参加して、比較した上で決めるのがおすすめです。

結婚相談所には仲人型の結婚相談所と結婚情報サービスの2種類がある

みなさんは、結婚相談所にも種類があることをご存知ですか?私は結婚相談所を探しているうちに、2つのタイプがあることに気付きました。それは、仲人型の結婚相談所と結婚情報サービスという2種類です。そこで、2つの相談所の特徴について簡単にご説明したいと思います。

仲人型結婚相談所とは?

仲人型の結婚相談所では、会員1人1人に専属のアドバイザーがつきます。そして、お見合いのセッティングからお断りの連絡まで、忙しい会員に変わって代行してくれます。

たとえば、植草美幸さんが代表を務めるマリーミーをはじめ、クラブオーツーや誠心、WISHなどの結婚相談所が仲人型の結婚相談所にあたります。

きめ細やかなサポートと的確なアドバイスで、成婚まで導いてくれます。基本的には、お互いの結婚の意思が確認できた時点で成婚とみなされます。

1人で婚活するのが不安な方や手厚いサポートを期待する人は、仲人型の結婚相談所を利用すると心強いかもしれません。

個人経営で出会いがなさそうという印象をお持ちの方もいるかもしれませんが、IBJ(日本結婚相談所連盟)やBIU(日本ブライダル連盟)などの連盟に加入している相談所も多く、全国の結婚相談所と連携しているので、極端に出会いが少ないということもありません。

結婚情報サービスとは?

結婚情報サービスはデータマッチング型の結婚相談所のことで、オーネットやツヴァイ、エン婚活、ゼクシィ縁結びなどがこれにあたります。独身証明書の提出が必要で、結婚の意思がある男女しか入会できない点は仲人型と同じです。

あらかじめプロフィールを登録しておき、条件に合ったお相手を見つけることができます。理想に近いお相手を探せるのが結婚情報サービスのメリットですが、積極的に行動できる人に向いています。

ただし、結婚情報サービスではパートナーシップ成立までをサポートしていることが多く、出会いを提供するのが目的です。なので、お付き合いしたものの結婚には至らず、婚活をやり直した人もいます。

結婚相談所の入会を考えたら、まずは行動に移そう!

結婚相談所を利用するなら、どれくらいの費用がかかり、どのような活動がしたいのかということくらいは、最低限理解しておく必要があります。

とはいえ、考えているだけでは何も始まりませんので、気になる結婚相談所をいくつかあぶり出し、どんどん説明会に参加しましょう。

無料でお試しできる相談所もあるので、利用しない手はありません。一歩を踏み出す勇気こそが、あなたの人生を大きく変えるきっかけになります。

タイトルとURLをコピーしました